私は、版画画廊とは無縁だと思っていました

実は、私は美術音痴といっていいほど美術の事がわかりません。
もともと絵が上手でない上に、他人からほめられた事もないし、最後まで作り上げたと思っていてもそうではないと言われて途中で放り投げ出された事もありました。
なぜ私はこんな仕打ちをされるのかわかりません。
未だにそれは謎のままでいます。
昔の写真や思い出を整理ていたところ、小学校で作った版画が出てきました。
それと同時に版画についての文集を書いた人の思いでが書かれていました。
自分は版画画廊に行って来ました。
大人の方が多く気おくれしましたが、小さい自分にとっては不思議なところで版画にみとれていました。
自分がこの版画を創ってこういう画廊に出したら、周りの人にどういう風に思われるかな?と。
短い文章でしたが、今の私には解るような気がします。
自分の作品が世間に出るなど考えた事がなかったので。
私も版画画廊を特別なところと思わないで、機会があったら入ってみたいと思っています。
そうしたら少しは美術に近づくかもしれません。