版画画廊は誰でも気軽に入れるところです

版画画廊というと何かしら、かしこまった場所のような気がしてなりません。
では何故そう思えるのでしょう。
版画に限らず美術を鑑賞するという事は特別な事のようで、静かに観て自分だけの世界に浸ってしまえる、そんな世界とも思われています。
確かに人に迷惑をかけず、騒ぐのはもっての他で、じっくり観る事で幻想の世界に入る事も必要です。
でも、そういう場所だからといってスーツや正装をしていかなければならない所ではありません。
版画は自分の創作意欲が必要で、版画画廊は人に観てもらいたいと思う気持ちで開いているのです。
ですから、気を楽にして入ったらぐるっと観て回って下さい。
版画の制作に当たっている方々はそういう事を望んでいるはずです。